サービス&ソリューション >> 財務/会計システム

入力伝票の流れ

  1. 伝票入力機能は入金伝票、出金伝票、代替伝票の入力画面で構成されます。

    会計の有識者ではなくても操作しやすいUIが提供され伝票の自動生成が便利です。
  2. 作成された伝票が会計部署から確定されたら確定日付を基準とし総勘定元帳に反映されます。


  3. 総勘定元帳に反映されたデータを基準とし財務諸表及び元帳、その他の各種文書をオンラインで照会、印刷出来ます。

総勘定元帳のプロセス

勘定毎のデータは実時間で集計されます。権限者に限って確定済みのデータを修正することが可能です。
修正の場合権限者の作業内容はログに保存され事後に確認出来ます。

  1. データの修正作業を開始する。




  2. 権限を確認する。




  3. 修正済みのデータは総勘定元帳に反映されます。
    既存データはログイン情報と一緒にヒストリテーブルに保存される。

出力プロセス

総勘定元帳を基に財務諸表及び各種元帳や補助帳が出力出来ます。プレビュー機能で印刷前に画面で照会出来ます。色んなキーワードで検索する事も可能です。

  1. キーワード検索




  2. 使用者の権限を確認する。
    印刷プレビュー機能でデータを確認する事が可能です。